最新のお知らせ
銀座 立田野、大きな苺を丸ごと味わえる『村田農園のいちごを食べるみつ豆』を販売!

Study 学ぶ

毎日使っている歯ですが、実は意外に知らないことも。歯のメカニズムからケア方法まで、知っていそうで知らない豆知識を歯科医が紹介します。

“歯周病ケア適齢期”はいくつ?

日本人の約80%が持つといわれている歯周病リスク。実は、虫歯よりも歯周病が原因で歯を失う確率が高いというほど、怖いお口のトラブルです。

そうはいっても、まだ20代など若い世代の方々には、「自分にはまだ関係ない」と思っている方のほうが多いのではないでしょうか。

確かに、歯周病のチェックや相談でクリニックを訪れる方のほとんどは、30~40代の方が中心です。歯ぐきからの出血や、歯ぐきがはれたような感覚があるなどの自覚症状から、歯周病に気づきやすいのがこのくらいの世代なのかもしれません。
歯周病は、ある日突然起こるものではありません。時間をかけて、じわじわと進行します。自覚がなくても、実は…ということも多いもの。対処が早ければ早いほど、歯周病リスクは下げられるといえるでしょう。

20代の中盤あたりから、できれば定期的に歯周病のチェックを受けられると理想です。美容院やエステなどでの自分磨きの延長で、ぜひ一生のお付き合いをするご自身の歯も定期的にメンテナンスし、健やかでキレイな歯を保ってください。